ビジネスタイプ:メーカー、トレーダー、輸出業者
年商:8000万〜1億元
従業員数:100-150
市場範囲:世界中
設立年:2003
国内のお客様:500以上
外国のお客様:100以上
コア特許:60+

日付:2019年11月12〜15日、ドイツのProductronicaMünchenにご参加ください。
現在地: ホーム » ニュース » 業界情報 » イオン化ブロワーを正しく使用するには?

イオン化ブロワーを正しく使用するには?

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2017-05-26      起源:パワード

多くの企業は、デスクトップイオン化ファンを通常の喜びと考えており、製品が破損しておらず外観も破損していないと考えるため、長期間使用できます。実際、これは間違っています。

解決策:

(1)アース線の断面積デスクトップイオン化ファン100mm2を下回ってはなりません;幹線の断面積は6mm2を下回ってはなりません。機器および作業台の接地線は、断面積が1.25mm2以上のマルチストランドプラスチック線で、できれば黄緑色の線である必要があります。

(2)卓上イオナイザーファンの接地ダクトの接続は、ろう付けする必要があります。

(3)デスクトップ帯電防止システムイオン化ファンには、独立した信頼性の高い接地装置が必要です。通常、接地抵抗はGBJ 97要件の10%未満である必要があります。

(4)デスクトップイオン化ファンは3相5線電源を使用しており、アース線は帯電防止アースとして使用できます(ただし、ニュートラルワイヤーは混在できません)。

(5)ケースACタイプデスクトップイオナイザーブロワーkesd.jpg帯電防止装置の端子は、信頼性の高い接触、簡単な取り付けと取り外しを保証し、フィッシュクリップ、プラグソケットなどのさまざまなクリップコネクタの使用を許可する必要があります。

(6)帯電防止接地は電源のニュートラルラインに接続できず、雷保護と共有できません。雷やその他の現象は、回路や個人の安全性を通じて製品の性能に影響を与える可能性があるためです。

(7)卓上帯電防止ファンの接地抵抗が高い職場では、接地システム監視アラームを設置する必要があります。たとえば、当社が生成する接地システム監視アラームは、いつでも接地と接地を監視できます。


KESDについて

KESDは2003年に設立され、長年にわたり除電製品の研究、開発、生産、販売に取り組んでおり、その中核製品はイオンファン、イオン風ロッド、イオンノズル、電気集塵機です。

クイックナビゲーション

©2020KESD公式サイトSu ICP No. 17005322
Copyright 2003-2027。すべての権利予約予約済み。プライバシーポリシー|利用規約
iwonder.cnを搭載